いろ色 -my colors & your colors-

menu

blog-ブログ-

「1冊20分、読まずに「わかる!」すごい読書術」渡邊 康弘

「1冊20分、読まずに「わかる!」すごい読書術」渡邊 康弘

なにが一番大事?

そう聞かれた時には「気持ち」と答えます。
なにをするにおいても、嫌な気持で行うことは心にもよくないし、誰かと関わるうえでもお互いに気持ちよくならない。

なにをするにおいても、「楽しく」「嬉しく」行うことが一番♪
だと思っています^-^

それができていれば、次の段階。私は「目的」や「意図」だと思っています。

でも、そうじゃない人もたくさん見てきました。
そこは人それぞれなんだよね。ようやく受け入れられるようになりました。

だからこそ、「方法論」もありかな、と思えるように。方法から入ったとしても、いつか「目的」や「最終地点」を目指すようになる。それはそれでありかなと^-^
今回の書籍紹介もその想いを育ててくれました。

さて、書籍紹介です。
「言葉の力を高めると、夢はかなう」で紹介されていた本です。
日本でも有数の読書家の著者がどのような方法で読書をしているのか、という方法にフォーカスした本です。その方法は「レゾナンスリーディング」というもの。こちらの方法とそのメリットや裏付けなどが紹介されています。

くわしく書いちゃうと本を読まなくてもいいようになってしまうので、割愛w
ただ、この本で書かれている内容を早速次の本でレゾナンスリーディングを試してみましたが・・・、素晴らしい♪
読者自身が知りたい内容、それに主体を置いた方法になっているため、20分で本の内容がすべてわかるというわけではありません。速読とは全く違った方法になっています。

私が試した本でも「うん、ここが知りたかった」というところをしっかり読むことができました。
レゾナンスリーディングでも最後には通読・精読することも進められています。なんとなく全部読まないと気持ちが悪い、そう思って通読しましたが、レゾナンスリーディングで読んだ箇所だけでも良かったかも・・・、という感じでした。

最後に個人的な感想としては、レゾナンスリーディングは「エネルギーリーディング」に近い方法だな。と感じました。エネルギーのことを知っている方がこの本を読むとレゾナンスリーディングの方法に「なるほどね」と納得いくかもしれません。この著者も実は・・・、なんて思ったり(笑)
字を書くこともあるので、私にはとても合った方法でした♪ しばらくはこの方法もやってみようかな。

もっといっぱい本を読みたい、効率よく勉強する読書方法を探している、そんな方には本当におすすめ!スピリチュアル的な読書方法、という少し変わった目線を知りたい方も手にとってもいいかもです。

blog category-ブログカテゴリー-

ページ上部へ戻る