いろ色 -my colors & your colors-

menu

blog-ブログ-

欺くことなく種を蒔くこと

日本中梅雨真盛り。
雨の日が続いてますねー
コロナな日々に引き続き、外を謳歌するにはまだ時間がかかるようですw

ということでInstagramは過去写真ばかり(^-^;
写真撮りたいっ!
と思っていたら、社内撮影をいくつかオーダーいただきました。
引きの力は地道に育てていますw

引きの力といっても、引き寄せの法則のような「思えば叶う」ということだけを続けているわけではありません。
もちろん、具体的に欲しい物や具体的なやりたいことはしっかりイメージにしたり言葉にすることは、定期的にしています。

しかし、私が重点を置いていることはそこではありません。

神を欺くことはできない。
人は蒔いたものを必ず刈り取る。
人は常に自分自身に出会っている。

この3つの言葉たちは私の尊敬する偉人のひとりエドガー・ケイシーの言葉です。

神(創造主)は宇宙を始めこの世のすべてを作り上げています。そのような存在を私たちが欺くことができるでしょうか。
私がもし神なら「可愛らしいことをするのう♪」とか言いながら微笑ましく軌道修正することでしょう(笑)
えぇ、すべてお見通しですよ、人が考えられる騙し事なんて。

だから、日々の行いや言葉が重要になるんです。
自分の利益だけを考えて、誰かを蹴落としていく行いをしたり、周りの人たちの機嫌を損ねたり、悲しませたり、傷付けたりする言葉を使っていく。もしかしたら利益を得たり、優位な立場になったりするかもしれません。しかし、それは一時的なもので、自分が行ってきた行いや言葉を誰かから浴びせられるかもしれません。
逆に、常に本心から誰かのためになる行いをしたり、応援したり気分を良くする言葉を続けていると、しばらくなにも得るものはなくても、その人は相手が喜んだ姿を見て心を幸せで満たしています。その状態が続いていけば、いつか思わぬ応援に出会うことでしょう。

それが「人は蒔いたものを必ず刈り取る。」ということです。
これは「人は常に自分自身に出会っている。」と似ています。

今回りにいる人達、最近かけられた言葉、最近あった出来事、それらを思い浮かべてみてください。
嫌なことが多かったですか?それとも嬉しいことが多いですか?
それはあなたが周りにしていることに同じことを体験しているだけです。

「鏡の法則」と言われることもありますよね。
目の前の出来事は、自分自身の今の状況を表している、乗り越えるべき自分を見せられている、という法則です。

この3つがとても大切なことです。
日々なにを想い、どんな行い・言動をし、それを知るための現状がある。
ただそれだけです。

至極単純なことですが、難しいんです。
ついつい自分だけのことを考えてしまったり、相手よりも自分のことを優先してしまったり、ついつい感情的になってしまったり・・・
私たちは聖人ではありません。そんなこと無理・・・、と思っちゃいますよね。私もそう思うときはあります(笑)

でも、そんな生き方、できたら素晴らしくないですか?みんなができれば、平和な世の中になると思いませんか?
私の理想の世界です。
だからこそ、少しコントロールを失っても反省して軌道修正をし、理想的な生き方ができるように習慣化しようとしている最中なんです。

少し横道にそれますが、尊敬できる方たちって良きことを習慣にしている方が多いんです。しかも、その習慣の数の多いこと・・・。日々の積み重ねが大事なことがよくわかります。

豊かになりたい。
そう思うのは当然です。私もなりたいです♪

ただその豊かさをもたらしてくれるのは誰でしょうか?決して自分ではないことは確かです。
自分がもたらしてくれるのであれば、すでに豊かなはずですからね(笑)

だからこそ自分が「祝福の水路」になるべく、「欺くことなく種を蒔く」ことを続けたいと思っています。
それが「引きの力」を強くする秘訣につながるのだと思います。
ま、自分のことだけを考えていると、それは「欺く」ことになるので要注意ですよw

blog category-ブログカテゴリー-

ページ上部へ戻る