いろ色 -my colors & your colors-

menu

blog-ブログ-

「これでいいのだ!ヘンタイでいいのだ!」松久正・光一

「これでいいのだ!ヘンタイでいいのだ!」松久正・光一

3冊連続光一さん。
今回は共著ですが、ある意味一番濃い。
この世界に興味のない人にはなんのこっちゃか(笑)
でも、少しでもかじったことのある人には面白いはず!

目から鱗な話もあったり、私も日々実践しているワークも紹介されていたり、好きな人には本当におすすめ!

さて、書籍紹介です。
引き続き光一さん関連。医師でもあるドクタードルフィン松久正さんとの共著。いろいろなスピリチュアルな事柄をおふたりの視点で語りあっています。シリウス、バシャール、引き寄せなどなどの事柄や、自己を整えるテクニックも紹介されています。

これでいいのだ!
はい、バカボンですね。バガボンも数年前から究極じゃね?と話題になっていましたが、おふたりも言ってます。ポジティブであろうとネガティブであろうと全て受け入れること。そのままでいい、ということではなく起きたことを受け入れること。その大切さがタイトルになっているんですね。ちゃんとした意図は本の中で(笑)

実は先日も光一さんのセミナーだったのですが、光一さんは本当に貫徹。対談であろうと飲みの場であろうとそれは変わりませんでした。それは真実に近いからなんでしょうね。その意図するところを紹介し、スピリチュアル難民に対してどうしたらいいのかも伝えています。
ドクタードルフィンの松果体の話題も面白いです!もともと生物学系の私もとても興味のあるところ。少し調べてみたいです。

単なる対談本ではなく、いろいらと本質をついてます。しかも軽く読める♪いろいろな話をかいつまんでみたい方、今までのスピリチュアル本やセミナーに疑問のあった方にはおすすめ!初心者の方には濃いかもしれません(^-^;

blog category-ブログカテゴリー-

ページ上部へ戻る