いろ色 -my colors & your colors-

menu

blog-ブログ-

スピリチュアルってなに?

スピリチュアルってなに?

スピリチュアル。

英語のスピリチュアル(英: spiritual)は、ラテン語の spiritusに由来するキリスト教用語で、霊的であること、霊魂に関するさま。英語では、宗教的・精神的な物事、教会に関する事柄、または、神の、聖霊の、霊の、魂の、精神の、超自然的な、神聖な、教会の、などを意味する。キリシタン用語としては、ポルトガル語読みでスピリツアル、すぴりつあると表記される。
(引用、Wikipediaより)

"スピリチュアル"という言葉が一般的になったのは「オーラの泉」かな。
江原啓之氏と美輪明宏氏がゲストのオーラを見たりや霊視を行いトークする番組。
私も好きで時折見て、「江原さんも美輪さんもすごい!」と感じてたなぁ。

この番組の影響も大きく日本では、オーラや霊の世界、占いやリーディング、チャネリングやヒーリングも宗教などが絡むものを"スピリチュアル"と呼ばれるようになったんじゃないかな。
私もいわゆるスピリチュアルの世界に生きています。

そこで、スピリチュアルってなんなのか、少しだけ考えてみたいと思います。

スピリチュアルってなに?

私が考えている"スピリチュアル"とは「魂」と「エネルギー」に関すること。
厳密に言えば、魂もエネルギーも同じものだと思いますが、便宜上分けさせてもらいますね。

少し脱線しますが、スピリチュアルとオカルトの違い、わかりますか?
オカルトは「みることができない・さわれない・感じられない」という意味を持っているので、「隠されているもの・一般には伝えられていないもの」という意味が含まれています。
そのため、UFOやUMA、陰謀論などがオカルトとして扱っています。
学研の雑誌「ムー」の世界ですね。
はい、私も好きで読んでますw

"スピリチュアル"の話に戻るけど、例えば心霊の話で言えばお亡くなりになられた方の魂のお話だし、占いやリーディングで言えばその人の魂のことをみる・感じる、ということ。
エネルギーで言えばチャネリング、天使や宇宙人などとコンタクトを取ることや、ヒーリングで体と心を癒やすこと。

いろいろなスピリチュアル系と言われる本を読んできて、これからもまだまだ読み漁ると思うけど、方法や論じ方が違うだけでこの2点に集約されるなぁと考えながら読んでます。

ということをまとめると、魂とエネルギーのことをいろいろな視点・方法で研究したり、自分の成長のために実践したり、人のために役立てる、それが"スピリチュアル"なんじゃないかな。

私自身のことを"スピリチュアル"の世界に生きていることはしっかり理解してるけど、"スピリチュアル"の一言でまとめてほしくない、という気持ちもあるんです。

そんなお話はまた後日w

blog category-ブログカテゴリー-

ページ上部へ戻る