いろ色 -my colors & your colors-

menu

blog-ブログ-

第六感って何を感じる?

第六感って何を感じる?

第六感というと、霊感を思い浮かべる方が多いと思います。
霊感もそのうちの一つだと思いますが、それだけではないと思います。

五感は「視・聴・嗅・味・触」の感覚です。
それ以外を感じる感覚を第六感だとすると、その感覚は何なのでしょうか。

私は以前ほかのブログで、「愛」と書きました。
今回読んだ本の中では、「気付くこと」「本来の私の時に、作動する感覚」とありました。
また、「中庸であること」「判断(judge)ではなく、選択(choice)すること」の大切さを書かれています。

では、その感覚をなぜ第六感としているのでしょうか。

五感は「今起きていることを、そのまま受け取る」ということです。

例えば、肉汁あふれるステーキや甘いケーキを食べて、おいしいと感じます。
そのとき、幸せな感覚や感情が湧き出てきませんか?

五感に刺激が加えられると、感覚・感情が出てきます。
この感覚が大切になってきます。

五感で様々なものを感じ、今わ足が何を感じたのかをしっかり味わいます。
この時、マイナス・ネガティブなことを感じてしまっても、それが今のあなたなのです。
その感覚を否定することはありません。
そんな時は一歩後ろに下がって、そう感じた自分自身を観察・思考してみるのです。
そうすることで、なぜそう感じたのかわかるようになります。

このようなことを繰り返していると、自身の感情をコントロールできるようになります。
五感で受け取った刺激から、感情(feel)を選択(choice)できるようになってきます。
そうすることで、自分自身を「中庸」に保つことができ、直感や心の声を素直に聞き入れたり、自分が本当にやりたかったことを素直に聞き入れられるようになってきます。
そうすると、すぐに行動に移せるようになったり、いわゆるシンクロニシティや引き寄せを起こしやすくなる、という連鎖に入っていきます。

本に書かれた内容を、ものすごーく簡略するとこんな感じです。

私も以前から、五感と心、五感と愛、については非常に興味深く考えることが多かったので、この本を読んで非常に心に響く内容でした。

五感を研ぎ澄ますこと、五感と心がどう連動しているのか、心から五感を変えることはできるのか、など私自身いろいろと試しています。
その中で見つけたものは皆さんとシェアしてきたい、という思いも強くなってきています。

またブログで書く内容になると思いますが、小さい頃の想いを思い出し、そちらも今回の内容とリンクしていました。
私もいろいろとステップを踏んで、進んでいっています。
そして、今回もこの本の中に次に読む本のヒントが隠されていました。

blog category-ブログカテゴリー-

ページ上部へ戻る