いろ色 -my colors & your colors-

menu

blog-ブログ-

「読みたいことを、書けばいい。」田中泰延

2019年9月11日

「読みたいことを、書けばいい。」田中泰延

書く。

私の中では、頭の整理になること、考えをまとめること、新たに必要なことを調べること、そして自分を知ること。結構書くことにいろいろな要素が入ってる。

ブログとかはWEBな人間だけに、ターゲットとかマーケティング的なことを考えながら書いてた時期もあるけど、ここ数年はそれもしてない。そんなこと考えてたら、書きたいこと書けなくなるから(笑)

という面もあるけど、この本の中にあるとおりだなぁ、といろいろ思い馳せた。自分が読みたいものがあれば、書かなくてもいいし、書きたいと思うのは自分が書きたいから(笑)
誰かがもう書いてるかもしれない内容でも、それをどう感じたのか、私の視点はこう、とただ書きたいだけ。

さて、書籍紹介です。
電通でコピーライター・CMプランナーとして活躍し、現在はフリーのコラムニストとして多方面で活躍されている田中泰延さんのなにかを書きたい人のための本です。文章術を書き手目線ではなく、読み手目線で伝えているものの、読み手とはだれなのか?を考えさせるエッセイのような本になっています。

本の構成としては、ハウツー本のようになっています。なんのために書いたか、なにを書くのか、誰に書くのか、どう書くのか、なぜ書くのか。
でも、前書きとしての「なんのために書いたか」から目からうろこです。ばっちり心をわしづかみにされます。
軽快な口調とその実績から、「本当に?」と思えることに納得がいきます。各章の間に挟まれたコラム、こちらの方がハウツーに近く、面白い構成になっています。

言葉も好き、文章を書くのも好きなんです。
小学生・中学生の頃は少し漫画を描いていたり、大学の頃はほんのちょっぴり作曲と作詞もしていました。最近、書くことにとても興味がある中、半分ジャケ買いをした本。
いやー、とっても面白くて、朝とお昼の少しの時間の短い読書時間なのに、3日で読み終えました♪

WEBが市民権を得て、スマホでさらに多くの方が当たりまえに情報に触れ、世の中は文章で溢れかえっています。
でも、その中に本当の情報はどのくらいあるのでしょうか。本当に読みたいと思えるものはどのくらいあるのでしょうか。

検索で上位に来るページには同じような内容と文章ばかりになっています...
そこで著者は、「自分が読みたいと思うもの、それを書こうよ」ということを伝えてくれています。自分が知りたいことを徹底的に調べ、ただただ書きたいように書く。そこに小難しい方法論は必要ない、とスペシャリストが伝えてくれています。

普通に読み物としても面白いので、本好きな方にもおすすめ。と言ってしまうと内容とは関係ないですね(笑)
これからライターになりたい方には本当に読んでもらいたい。なぜライターになりたいのか、なぜ書きたいと思うのか、本質が見えてくるかもしれません。
是非書店で手に取ってもらいたい。糸井重里さんの帯書きも笑えます♪

blog category-ブログカテゴリー-

ページ上部へ戻る